【紫外線対策に美容鍼】

2月は真冬ですが、最近とっても暖かいです☀️
春みたい…🌸
暖かくなってくると気になってくる紫外線。
私は最近晴天が続いているので、早くも日傘をさしています。

紫外線は1年中降り注いでいるので、夏だけでなく年間を通して注意が必要です!
寒い冬の季節は『紫外線が少ない』と思いケアを怠ってしまう方も多いかと思います。
12月〜2月は、一年でもっとも紫外線量が少ない季節です。しかし、シワやたるみ肌の老化に影響を及ぼす『紫外線A波(UVA)』は常に降り注いでいます。ピークは4月からです🌤

紫外線には『紫外線A波(UVA)』と『紫外線B波(UVB)』の2種類があります。
『紫外線A波(UVA)』は、4月から8月にかけてが強さのピークとなります。紫外線A波は、シミやシワ、たるみ等の肌老化を引き起こすとされています!
『紫外線B波』は、4月からすこしずつ増えはじめ、ピークは5月から8月とされています。
紫外線B波はたくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。日焼けに影響しているのが「紫外線B波」です。

紫外線が強いのは真夏の7月〜8月だと思っている方が多いですが、4月〜5月から強さのピークに入ってくるので、日焼け止めや保湿等の外側の紫外線対策はもちろんですが、今からお肌そのものの内側からの紫外線対策をし、トラブルの少ない丈夫なお肌にする準備しておくことが大切です👩‍⚕️

東洋医学的にはお肌は『肺』と深い関係があります。
『肺』の働きは、体の表面で外から侵入するものや外の環境から体を守るための働き、バリア機能を持ちます。
美容鍼は、お肌の心臓部分といわれている(真皮層』を鍼で刺激することで、身体の根本からの回復を目指す施術です。
同時に肺の働きを助けるツボを刺激し、自然治癒力をアップして回復が早いお肌の土台を作ります💁‍♀️

紫外線は美肌の大敵‼️
老化の原因にも深く関わっています。
また4月に入ると環境の変化がある方も多くいらっしゃいます。
自分でも気付かずにストレスを抱えてしまう事も…。
ストレスや睡眠不足はお肌の代謝低下や免疫力低下の原因となり、お肌のトラブルに繋がります。
 
日焼け止めをつける、サプリメントを服用する等の紫外線対策を進めながら、これに負けない体質づくり、お肌つくりをしていきませんか☀️

関連記事

  1. 【首肩凝りと鍼灸治療】

  2. 【アフターコロナにおける鍼灸治療】

  3. 【湿熱と不眠】

  4. 美容鍼灸 × 陶肌トリートメント

  5. 【出張鍼灸施術🕊】

  6. 【お客様からの嬉しかったお言葉🕊】