美容鍼のデメリット

皆様こんにちは!
美容鍼灸を受けたくても
・怖そう。。
・痛くないの。。?
と受ける前に考え、躊躇それる方も多いかと思います。

今日は美容鍼灸の『デメリット』をしっかりとお伝えしようと思います!!

美容鍼灸には”失敗”がありません。
美容鍼灸はツボと呼ばれる部位に鍼や灸で治療することで、血行を促進したり、凝りを緩和したりと自然治癒力を高めることで
お悩みを根本的に改善する美容法です✨
美容整形外科手術のように、「元に戻らない」等の「失敗」はありません。
ただし、『お顔への内出血』と『鍼特有のズーンとした痛みを感じる』ことがあります。

直近でイベントや写真撮影の予定がある方、人前に出ることが多い接客業の方等は、内出血が出ないか心配されて当然ですよね。。。

残念ながら、美容鍼では顔に鍼を刺す以上、痛みを感じ(個人差があります)内出血が起こる可能性を完全に防ぐことは難しいです。
お顔には毛細血管当為、細い血管がたくさんあります。

鍼を刺す以上、完全に血管を避けて鍼を打つことは不可能なので、内出血を絶対に作らない方法はありません。
どんなに技術がある、ベテラン鍼灸師でも内出血を絶対に作らない、0は難しいです。

↑とはいっても絶対に内出血ができるわけではありません🌟できるリスクがあるということです。

大事なイベント事や予定の前に美容鍼灸を受けたい場合は、施術を受ける前に相談することをお勧めします。
顔の目立つ部分を避けて鍼をする、フェイスラインや頭等、万が一内出血ができても目立たない場所に鍼をし、効果を最大限に出す施術等、提案してくれるかと思います✊

万が一、実際に内出血が出来てしまったら、1~2日は保冷剤などで冷やしてください。
その後は温めていくことで血行が促進され、早く内出血が収まるかと思います。
また、コンシーラーやファンデーションなどである程度内出血を隠すこともできます。
内出血が出た場合でも、小さいもので1週間、大きいものでも2週間程度で必ずきれいに消えます🙋

一生残るとこはないのでご安心ください。


痛みに関しては鍼灸特有の『ズーン』といった響き、痛みを感じる場合があり、個人差があります。
その日の体調や季節によっても変動します。
顔に施術をする以上、何も感じないことはありません。
ただし、細い鍼を使用する、痛みを感じやすい部位を避ける等対策はありますので、施術の際は鍼灸師に相談されるとよいかと思います(^^♪

血流の改善やリフトアップなど、鍼灸治療には嬉しい効果がたくさんあります。
デメリット等は、肌の内側にアプローチができる美容法と比べると少ないかと思います。
(国家資格を必要とする施術)

美容鍼灸はメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。
デメリットも踏まえたうえで是非一度、美容鍼灸を体験してみてください(^_-)-☆


関連記事

  1. 【セルフメンテナンス 美容鍼灸】

  2. ハーブ陶肌トリートメント

  3. 美容鍼灸 × 陶肌トリートメント

  4. 【出張鍼灸】

  5. 美容鍼灸 × 陶肌トリートメント

  6. 【アフターコロナにおける鍼灸治療】